元請会社様向けサービス

major construction companies

main

概要

従来、紙(ペーパー)での提出だった労務安全関係書類を電子化することにより業務の効率化を図ります。

  • 各社独自の様式へ柔軟に対応(カスタマイズ)
  • 書類作成・管理業務の効率が大幅アップ→精度の高い書類作成が可能。
書類の提出はデータと紙の両方でできます。
  • 協力会社作成の安全書類データ受領・管理システムを構築電子データでの受領により書類管理業務が省力化
  • 電子データでの提出により作業所に出向かずに書類を提出
  • 検索機能で効率アップ必要な情報を素早く表示
  • 書類不備内容が視覚的に分かる
  • 施工体制台帳作成自動化
  • 是正指示の記録・管理
情報の共有が可能なASPシステム

電子化のメリット

専門工事会社の書類作成業務負担を軽減し、的確な情報管理の仕組みを構築・提供することにより、元請側の安全管理効率も向上します。

安全書類電子化のメリット

専門工事会社の現状

専門工事会社は、取引する元請会社ごとに異なる書式やシステムが存在するため、安全関係情報の管理と書類作成が手間であり、大変非効率な作業となっています。

専門工事会社の現状

作業所の現状

専門工事会社の書類作成業務負担を軽減し、的確な情報管理の仕組みを構築・提供することにより、元請側の安全管理効率も向上します。

  • 提出書類の不備など、確認業務に掛かる負担大(是正指示⇔再提出)

  • 協力会社は保有する全員の作業員名簿を提出する場合が多く、不要な情報が多い

  • 検索業務が煩雑
    (新規入場時・健康診断期限切れ・保有資格のチェック)

  • 是正指示した履歴が残っていない

  • 修正の為、協力会社がファイルを持ち帰りした場合原本が作業所にない

  • 個人情報保護管理の問題
    (作業所・事務所内に業者別ファイルを保管・管理)

  • 竣工後の書類保管スペースの確保が困難